So-net無料ブログ作成
検索選択

2012年 イチロー成績 ヤンキース電撃移籍の謎 [年度別の成績]



イチロー選手の2012年の成績について今回はお送りしたいと思います。


2012年3月28日、MLB開幕戦である。


イチロー選手がメジャー移籍後、初めてシアトル•マリナーズの公式開幕戦が日本で行われ、その日、イチロー選手は5打数4安打の大活躍を見せ、日本のファンを大いに魅了してみせた。


2011年シーズンの不振や肉体の衰えの噂を払拭するような見事なロケットスタートだったが、これは日本の観客への『この日限りの特別なファンサービス』だったようだ。

というのも、やはりこの年も前年同様に、前半戦(オールスターまで)は打撃が振るわず、2割台をキープするのがやっと。打順が3番であったり、2番や1番の起用であったりと監督の起用法にも不振の一因はあるかもしらないが、チーム成績同様に低空飛行が続いた。


そして、その調子は一向にもどらず、前半戦の打率は.261 特に本拠地セーフコ•フィールドでは.241というから驚く。


アウェーよりもホームでの打率の方が低いという不思議な現象は、後から考えてみれば、この年のシーズンを戦う『イチロー選手の精神状態を如実に表していて』とても興味深い。


そして、驚くべきことが起こった。


オールスター開けの7月23日、イチロー選手はD•J•ミッチェルとダニー•ファーカーとの2対1のトレードで、11年半在籍したシアトル•マリナーズから、ニューヨーク•ヤンキースへと電撃移籍を発表したのだ。


■移籍会見はこちら↓
http://m.mlb.com/video/v23274631/ichiro-says-farewell-to-seattle-after-trade-to-yanks/?c_id=mlb


自ら志願しての移籍。


ヤンキースからの一方的なオーダー条項にも応え、一見不利な条件とも思える全ての要素を受け入れてまで移籍にこだわったのはなぜなんだろう?


いずれにせよ、日本時代から慣れ親しんだ51という背番号を固辞し(バーニー•ウィリアムスがつけていたという理由で)、新たに31という背番号を選んだのは、新天地にのぞむイチロー選手の悲壮なまでの決意であったんだろうと想像する。


そして、イチローはこれを契機に不死鳥のように蘇る。


これもスーパースターであるからこそ背負っている宿命であろうが、移籍当日の対戦相手は、なんと『古巣』マリナーズ。しかもスタジアムは、前半戦、大いに不振を囲った『敵陣』セーフコ•フィールドでの一戦だった。


ピンストライプの名門ヤンキースのユニフォームを着た『新生イチロー』は、8番•ライトで先発出場し、この日、初ヒット•発盗塁を記録したのはさすがとしか言いようがない。


そして、その後も2012年シーズン後半戦、イチローは生まれ変わったようにヒットを量産する。


終わってみれば、レギュラーシーズン全体の安打数は178安打と2011年の記録を下回ったものの、打率は.283と上回る好結果。それもその筈で、ヤンキース移籍後に67試合は73安打、打率は.322の素晴らしい活躍、しかも特筆すべきは本拠地ヤンキー•スタジアムでの打撃成績。


ホームの打率はマリナーズ時代と好対照で、.359 だったというのだから面白いですよね。


おそらくヤンキースに移籍してからの半年は、2011年に感じた思いを全て吐き出した後半戦だったように思う。


それにしても、
なぜイチロー選手はなぜ移籍を希望したのだろうか?



個人的に想像するのは、『ワールドシリーズで優勝したい』というその一点だけが移籍の理由ではないかと思う。思えば、10年に亘りシーズン200本安打を続けて世界記録を作った。でも、そんな偉大な個人記録もイチロー選手の心を満足させるものでなかったということだと思う。


野球はチームスポーツである。


イチロー選手はその原点にもう一度立ち戻り、チームの一員として優勝に貢献し、チームメイト達と肩を組んで喜び合いたい。ただそれだけを望んで名門ヤンキースの一員となったのではないだろうか?


「イチロー引退狂騒曲:いちぶろ!」目次:まとめページへ



スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
株に関する知識
So-net無料ブログ作成
検索選択

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。