So-net無料ブログ作成
検索選択

イチロー 移籍 2015は果たして? [移籍問題]


イチロー 移籍 2015は果たして?


2014年シーズンも終盤に差しかかり

イチロー 選手の2015年の去就や移籍問題

注目が集まっています。



イチロー自身は、2015年の選択をどちらに舵を切るつもりなのか?



ヤンキース残留か、それとも出場機会を求めて

別球団への移籍という結果になるのでしょうか?



また、あるいは、2015年古巣のオリックスへの移籍

日本球界へイチロー電撃復帰というウルトラミラクル展開もありえるのか!?

なんて勝手な想像が膨らみます。




[スポンサーリンク]








でも、今シーズンのヤンキースでは

イチロー選手は完全に『外野手の控え』的扱いでしたし

2015年は『他球団に移籍 』というのが

現実的な選択だと誰もが考えるのではないでしょうか?



実際、ニューヨークの現地メディアも

来季2015のイチローは

他チームに移籍してプレーする可能性が高まっているとの見方を示し

来季以降もプレーを続けたとしても

おそらくピンストライプのユニフォームではないだろう、と伝えています。





ひとかたならない身体のケアと

毎日変わらぬルーティーンを繰り返すイチロー選手。



その超一流のプロ意識は誰しも認めるところでしょうが

来期は41歳という年齢との戦いになるのは間違いないようです。




一体どのチームに移籍することになるのでしょう?




[スポンサーリンク]









現在のイチロー選手は、控えながらも343打数で98安打。

6試合を残して、21年連続でのシーズン100安打まであと2本

メジャー通算安打も2840本、3000本の金字塔まで残り160本に迫っている状況です。



ですが、こういう数字の問題ではなく

イチロー選手の性格からすると来期もヤンキースに残留し

若手と切磋琢磨しながらレギュラー争いを勝ちきり

キャリアを続けたいと考えているのでは?




なんて想像しますし、守備も走塁も高いレベルを維持しており

41歳で迎える来季もやはりヤンキースに必要な人材となり得る

可能性もないとはいえないのでは・・・?



<ただ、チームの編成方針が許すのかどうかの一点に左右されることは否定できません。



また、現役の野球選手である以上

より多くの出場機会が望める新天地に移籍する可能性はやっぱりあると思いますし、

他球団の動きも含め2015年のイチロー選手への注目度は

もう既にぐんぐん上昇中です。




さて、どんな展開が飛び込んでくるのか?


楽しみに2015年の朗報を待ちたいと思います。



「イチロー引退狂騒曲:いちぶろ!」目次:まとめページへ




スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
株に関する知識
So-net無料ブログ作成
検索選択

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。