So-net無料ブログ作成

イチロー 去就 2015 [記録]


イチロー選手の2015年の去就が話題になっていますね。


2015年はどこの球団に所属するのでしょう?

ヤンキースに残留、あるいは他球団への移籍・・・

さもなければ、日本球団への復帰もありえるのか?

想像は膨らみます。



そこで、今回は「イチロー 去就 2015」と題して

イチロー選手の来期についてお送りしたいと思います。



[スポンサーリンク]








◆イチロー 去就 2015



イチロー選手の2014年シーズンが終わりました。



ヤンキースとの2年契約も満了



FA(フリーエージェント)となり

また球団側からのクオリファイング・オファー(QO)も

提示されませんでした。



これで、日米どの球団とも契約交渉が出来ることになりました。





そこで、イチロー選手の選択は

ヤンキース残留、それともMLBの他球団。

また一説には、日本球界復帰

巨人移籍やオリックス復帰という噂まであがり

連日どんどんヒートアップしているようです。





ただ、今日(11月8日:日本時間)のネット上には

イチロー選手が来季もメジャーでプレーする意志を示した

というニュースが流れました。



そのネタの出元は、米「デイリーニューズ」で

テレビ番組のインタビューに答えたそうですから

これは信じていい情報だと思います。



そして、イチロー選手は、その番組の中で

41歳になる来季2015年シーズンにかける気持ちを語っています。



僕は41歳ですけど、間違いなく言えることは

来年もどこかでプレーするということ。


それは確信をもって言える。

僕は来年メジャーリーグでプレーする固い決意を持っている。

どこ? 

野球は個人スポーツではないので、

どこでプレーしたいという希望通りになるとは限らない。


誰かが僕にプレーする機会を与えようというフィーリングになる必要がある。

でも、僕はプレーする強い気持ちを持っている





[スポンサーリンク]








◆イチロー 去就 2015


現在、イチロー選手は

メジャー通算3000安打の金字塔まで

あと156本に迫っています。



日米通算の安打数は4122本ですから

ピート・ローズの誇る歴代通算最多安打記録(4256本)までも、あと134本。



この偉大なレコードに望むのが

一つの大きなモチベーションになっているのは

間違いないところでしょう。





それに、今年、40歳で戦ったヤンキースのシーズンで感じた

自信のようなものにも裏付けされているのでは、とも感じます。



なぜなら、今季は、控えに回ることが多かったのですが

終わってみれば143試合に出場し、打率2割8分4厘。

これは、なんと、ヤンキースの主力の中で最高打率なんですから驚きます。



そして、出塁率は、2010年以来最高となる3割2分7厘。

左投手相手の3割5分8厘という数字も

特筆に値する見事な記録です。



要するに、来季41歳になるイチロー選手の

即戦力としてのマーケット価値は

いまだ衰えていないということ。



その上、イチローは、日本が誇るスーパースターであるだけに、

その知名度から得る興行収入や集客も見込めるとなれば

これは放っておくわけがない「価値ある買い物」なわけです。



選手としての実力とアイコンの利用価値という大いなる思惑のもとに

水面下でイチロー獲得のミッションが激しく交錯しているように思います。




現に、ヤンキースのブライアン・キャッシュマンGMが




怪我の多い30歳くらいの選手と

頑丈な40歳のイチローのどちらと新たに短期契約を結ぶかを

球団は熟慮している




と語ったという噂まであるくらいですから

この先、どう転ぶかは、まさに神のみぞ知る。




つまり、まだヤンキース残留という目も

なくなったとは言えない状況だと考えていいでしょうね。




さて、当のイチロー選手は、どう考えているのでしょうか?



たまたま2つのゴール(メジャー通算3000安打&歴代通算最多安打4256本) が

目の前に存在するだけ。


もちろん、存在するからには僕はそれを達成したい。

でも、それはプレーを続ける理由ではない。

僕がプレーを続けたいのは、

自分の野球がまだ表現できると考えているからです。




イチロー選手の『表現したい野球』



それを実現するには、ヤンキース時代よりも

もっとプレーする時間が多くなるというのが

最も理想的だろうと思います。



引退までの限られた時間の中で

どのチームと相思相愛となれるのか・・・。



まだまだ、イチロー選手の去就から目が離せそうにありません。



「イチロー引退狂騒曲:いちぶろ!」目次:まとめページへ




スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
株に関する知識
So-net無料ブログ作成

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。