So-net無料ブログ作成
検索選択

イチロー名言「道具」に関する考え方 [名言]

イチロー選手の名言に「道具」に関する名言
つまり野球道具に関して話した言葉があります。

ご存じのようにイチロー選手は
道具をとても大事に扱うことで有名。

現代の名工100人にも選ばれた。
名工・久保田五十一氏の作ったバットは
衝撃性と防湿性のあるケースにきちんと積み重ねられ
ホームの試合でも遠征先でも自分のロッカーのすぐそばに
置かれているそうです。

なんだかそう聞くとイチロー選手にとってのバットは
武士の刀のような、とても神聖な道具のような印象を受けますね。




003.jpg


実際、2004年に久保田氏がマリナーズのキャンプを訪れた際も
多くの選手がフリー打撃を終えるとバットを芝生の上に放り投げているなか、


イチロー選手だけがバットをクラブでそっと包み
まるで眠った赤ん坊をベッドに横たえるように優しくグランドに置いたのを見た。
そう語っています。


凡退してバットを折ったりへし折ったり
そんな光景やパフォーマンスもプロ野球を見ているとあるようですが


打てなかったあとに道具にあたるのも
あまりいい感じはしませんね。
だってバットが悪いわけじゃないんだから。

モノにあたるくらいなら自分にあたれと思います




あれだけのバットを作ってもらって
打てなかったら自分の責任ですよ



イチロー選手はそんな風に
道具に対しての意見を述べています。。


[スポンサーリンク]







イチローがバットを投げつけた!


けれど、そんなイチロー選手も
過去に一度だけバットを地面に叩きつけたことがありました。


1996年7月6日、オリックスのイチロー選手が
相手の近鉄左腕・小池秀男に三振を喫した時のこと。
あまりの悔しさにバットを叩きつけた。

そして、ここからがイチロー選手らしい対応だが
冷静になったイチロー選手はバットを作ってくれた久保田氏に
バットをぞんざいに扱った謝罪の手紙を書いたそうだ。

その手紙を受け取った久保田氏はこう語る。


何人かの選手から、自分が手がけたバットについて
お礼を言われたことは過去にもありました。
でも、バットへの行為そのものを謝罪されたのは
あの一度だけですね。



それ以来、イチロー選手の行動が変わったというわけです。



[スポンサーリンク]







イチローの道具に関する考え方


さて、イチロー選手はイチロー杯なる野球大会を主催し
子供達への支援をしているのは有名な話です。


子供達にとってはまさにイチロー選手は雲の上の存在。


そんなイチロー選手に小学生たちが質問した時のエピソードも
また道具に関するイチロー選手の考え方を表わしている。


ある小学生がイチロー選手に尋ねました。

「どうしたら野球が上手になるでしょうか」


するとイチロー選手はこう答えます。


野球0.jpg



「バットやグローブなどの道具を大切にすることだよ」


そして、バットやグローブをいつもきちんと使えるように準備しておくこと、
その道具を使えることに感謝すること、
これが野球がうまくなるコツだと語ったそうです。



バットの木は、自然が何十年も掛けて育てています。

僕のバットは、この自然の木から手作りで作られています。
グローブも手作りの製品です。

一度バットを投げた時、非常に嫌な気持ちになりました。
自然を大切にし、作ってくれた人の気持ちを考えて、
僕はバットを投げることも、地面に叩きつけることもしません。
プロとして道具を大事に扱うのは当然のことです。



なにも野球に限ったことではなく、
その道のプロは自分の道具を大変大事に扱うといいます。

何かを成し遂げるには、まず道具から。
そんな気づきがあるように思います。



というわけで、今回は
イチロー名言「道具」に関する考え方がすごい
と題してお送りして来ました。


ほかにもお役にたつ記事があると思いますので
是非、あわせてご覧ください。



【こんな記事も人気です】

清原和博が逮捕!イチロー選手の反応は?

イチロー名言 WBC韓国戦で「ほぼイキかけました」

2011年 イチロー成績 途絶えた連続200本安打のわけ


目次へ戻る



スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
株に関する知識
So-net無料ブログ作成
検索選択

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。