So-net無料ブログ作成

イチロー名言「練習は大嫌い、でも」 [名言]

イチロー選手の名言、
特に「練習」に関してイチロー選手が語った言葉を
今回は取り上げてみたいと思います。


イチロー選手と言えばストイックに徹して
毎日練習練習をとことんまで突き詰めている。
そんなイメージがありませんか?


ところが意外にもイチローさんは
練習が嫌いだと以前には公言しています。


そりゃ、僕だって
勉強や野球の練習は嫌いですよ。
誰だってそうじゃないですか。

つらいし、大抵は
つまらないことの繰り返し。
でも、僕は子供のころから、
目標を持って努力するのが好きなんです。

だってその努力が結果として出るのは、
うれしいじゃないですか。



なるほど、少しホッとすると同時に
でもやっぱり凄いなと思わざるを得ませんね。


努力を惜しまず毎日毎日繰り返す。


これは誰にでも出来ることのように思えて
一番難しいことなのかも知れません。


003.jpg


[スポンサーリンク]






イチローのこだわり


イチロー選手のルーティンは有名です。


つまり、規定動作です。


毎回、ベンチから出てバッターボックスに入り、
静止して構えるまでにイチロー選手は実に
17種類のパフォーマンスルーティーンをしているそうです。


この17種類にも及ぶルーティンは
毎回ほぼ同じスピードでゆっくりと丹念に行われ、
順番も変わることがありません。


それに有名な話では、
毎朝、決まったものを食べること。

※一時は毎日「カレー」を食べていたが、
数年前から「食パンとそうめん」に変更したらしいです

またユンケルは毎日16年間、一日も欠かさない
などなど、とにかく毎日毎日
来る日も来る日も同じようにルーティンを繰り返す。


これがイチロー選手の代名詞のようにも語られるほどです。



[スポンサーリンク]






11 900-500.jpg


イチローにとっての練習




準備というのは、
言い訳の材料となり得るものを排除していく、
そのために考え得るすべてのことをこなしていく。



しっかりと準備もしていないのに、
目標を語る資格はない。



同じ練習をしていても
何を感じながらやっているかで、
ぜんぜん結果は違ってくるわけです。




結果はコントロールできないが、
準備はできる。

できる準備をすべて終われば、
準備にふさわしい結果がやってくる。



こうしてみて見ると、イチロー選手には
実に練習や下準備に関しての
コメントや名言が数多くあるように思います。


イチロー選手が毎日のルーティンを厳しく決め
愚直に実践していくという意味を考えると
それは「限りなく誤差をなくす」ことを探求している
そんな風に感じました。


つまり、練習で課題を克服するための体のコンディションは
毎日少しずつ違うのはあたりまえですが、
出来るだけ毎日同じことを繰り返すことで
より昨日と今日、今日と明日の体のコンディションがぶれないよう
細心の注意を払っているんだと思います。



それこそ、イチロー選手くらいになると
バットの出方が数センチ違うことにも気づくような
繊細な感覚があるのだろうと想像します。

つまり、練習で生まれた修正点に
いち早く気づくために
あの厳格なルーティーンがあるのではないでしょうか。


「やれることはすべてやる」
それを毎日継続して行うのは
一番苦しいことであり、
とても大変なことである。

でもそれさえちゃんとしていれば、
結果が出てない時でも後悔せずに満足できる。




やはり、イチロー選手は
努力の天才なのかも知れませんね。



というわけで、今回は
イチロー名言「練習は大嫌い、でも」
と題してお送りして来ました。


ほかにもお役にたつ記事があると思いますので
是非、あわせてご覧ください。



【こんな記事も人気です】

イチロー名言まとめ

清原和博が逮捕!イチロー選手の反応は?

イチロー名言 WBC韓国戦で「ほぼイキかけました」

2011年 イチロー成績 途絶えた連続200本安打のわけ


目次へ戻る





スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
株に関する知識
So-net無料ブログ作成

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。